十和田湖・奥入瀬渓流の世界遺産登録を目指して

十和田湖・奥入瀬渓流を世界遺産登録へ目指しています。

十和田湖奥入瀬渓流は昭和3年に特別名勝及び特別天然記念物に指定され

昭和11年には八甲田地域と共に十和田国立公園に指定されました、

そして昭和31年には八幡平地域も含め十和田八幡平国立公園となりました。

この地域の資源・景観は日本の宝であり、世界遺産登録に向けた協議をする

ため令和3年11月に十和田湖・奥入瀬渓流世界遺産登録推進研究会が設立された。

講演会第2回目は十和田八幡平国立公園管理事務所の深谷所長さんです。

【開催日】

令和4年5月14日(土)14:00~

【開催場所】

十和田市文化センター

【駐車場】

あり 有料(1日200円)

【住所】

青森県十和田市西三番町2-1

【開催時間】

受  付  13:30~
講演開始  14:00~
終  了  15:30(予定)

【応募締切】

定員150名  ※申込が定員を上回った場合のみ連絡します。

【主催】

十和田湖・奥入瀬渓流世界遺産登録推進研究会議

【後援】

NPO法人十和田奥入瀬郷づくり大学
(一社)十和田湖国立公園協会

【お問い合わせ】


034-0301 十和田市大字奥瀬字大堀平163-3
NPO法人十和田奥入瀬郷づくり大学
【電話・FAX 0176-72-2780】電話は10:00~15:00